☆醤油顔の松戸的SHOW!YOU!ブログ☆ 移転しました。一番上の記事から入って下さい。

「男の人は一重だよね」っていう慰めが身に染みる刹那。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
Superfly
Superfly (JUGEMレビュー »)
Superfly,Superfly×JET
RECOMMEND
RECOMMEND
Bring 'Em In
Bring 'Em In (JUGEMレビュー »)
Mando Diao
MANDO DIAOのファースト。セカンドで若干こけた感が拭えない彼らだが、このファーストは別格。やばすぎ。
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ウェザーステッカー
[PR] HappyMail
会えないかも!本物だから。↓ 当然サクラ無し
[PR]
[PR]
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
WANTED
先日、新しく新宿にできた映画館、ピカデリーに行ってきました。

バルト9にいつも行ってるのですが、見たい映画が一つもなくて仕方なくピカデリーに行ってきました。

これが、ピカデリー、めちゃめちゃ綺麗!

アンジェリーナ、ジョリーのWANTED見てきました。

すげぇ強引なアクション映画。

展開もストーリーの引っくり返し方も設定も、全てが強引。

強引に暗殺団の世界に引き込まれた主人公が、強引に強くなっていきます。

R15で、グロテスクな表現はあるものの、そこまで不快で残酷なシーンは無かったと思います。

アクションを楽しむためなら、十分すぎる迫力の映像が待っています。

もんの凄いアメリカンな映画。日本との感覚の違いと、アメリカのアンダーグラウンドなワルい感じは楽しめます。

ぜひ、これは映画館で。
パコと魔法の絵本。
先日、パコと魔法の絵本という映画を見てきました。

役所広司、阿部サダヲ、アヤカウィルソン、劇団ひとり、妻夫木聡、土屋アンナなど、有名俳優目白押しの邦画です。

一日しか記憶の持たないパコと最低な一匹狼のオオヌキのお話。

まさかあんなに泣かされるとは思いませんでした。

笑えるし泣けるし、色彩も綺麗だし。

とても良い邦画ね。邦画の良さをすごくよく出してる作品だと思う。

嫌われ松子の一生の監督の作品です。ぜひ嫌われ松子も。

いやぁ。涙もろいね自分。

干からびてカサカサカッサーノですよ。
ナショナルトレジャー。
先日、ニコラス・ケイジ主演。ナショナルトレジャーを見ました。

この映画、初めて知ったんだけど、ウォルトディズニーが配給してんだね。

まあさすがディズニーですわ。

アクションと謎解きのバランスの良いミックスから、分かりやすい展開から。

ちょっとグーニーズやインディジョーンズを彷彿させるシーンもありだった。

何も考えないで見れる。

今、難しくなりすぎちゃった映画に疲れた人にオススメです。

幼少期のニコラス役の子が、似てなすぎて笑いました。
デトロイトメタルシティ。
d.jpg
見てきました。

本当はポップミュージックをやりたかった根岸くんが、メタルのカリスマバンド、デトロイトメタルシティのボーカル、
ヨハネ、クラウザー2世
として成功するお話。

マンガを全巻持ってるんですが、ホントに最低でオゲレツなマンガ。

けど、そこに、人間誰もが持っている二面性。やりたい事とやってる事の違いの描写があるから、面白く読めるマンガです。

基本的に下ネタです。

これを映画でどう表現してくれんのかなと思い、見に行ったんですが、

なかなかまとまっていて、笑えたし、起承転結もしっかりしている映画でした。

松山ケンイチの役への入り込む力が凄くてビックリしました。

原作を読んでる人は見に行って損は無い映画だと思います。

D.M.C(デトロイトメタルシティ)のヒット曲「SATSUGAI」、意外にメロディアスで良かった。


Go To DMC!
ハプニング( 映画)。
てな訳で映画自体はどうだったかと言うと、

まず怖い。

わっかりやすいパニックホラー。ディザスターサスペンス。

なのに、怖い。

衝撃的でショッキングな映像の数々。

ハッキリと突き付けられる問題定義。

時折見せるパターンからの脱出。

一瞬も飽きることがない。

この人の映画ってホントに賛否両論が別れるんだけど、僕は好き。

なんか人間味を感じさせるのが上手というんですかね。

こんなのホントに起こったら怖いなんてもんじゃないお話。

馬鹿げている。と言われちゃお仕舞いなんだけど、そのギリギリありを行く作品をいつも届けてくれるシャマラン。

次も期待してますよー。
いらっしゃいませ。そして永遠にさようなら。
image016.jpg
スウィーニートッド
フリート街の悪魔の理髪師。

ブロードウェイで大ヒットだったミュージカルをティム・バートンが映画化。

見てきましたよ。

ジョニーデップさん、歌には自信無かったらしいけど、上手いのね。

結局何でも出来ちゃうんだよねぇ。

映画の出来は良かったと思う。

R15で結構どアップから首切ってる凄惨な映像なんだけど、
歌に乗せて殺してるから、バランスがとてもいい。

元々ミュージカルが得意じゃないんだけど、こういう面白いバランスのミュージカル映画なら退屈しないで見れるかも。

展開もオチもありきたりなんだけど伏線もちゃんとあって納得出来たし、

エンディングの後に幸せになる二人も映像にはされてないけど、想像出来るしね。

後味悪くないホラーミュージカル。

んー、ティムバートンとデップさんのコンビはまだまだ黄金時代だね。
怪談
みてきましたよ。

黒木瞳、歌舞伎の尾上菊之助主演の怪談。

これ、怖い!

「リング」の監督、中田秀夫が5年ぶりにメガホンを手にとった映画なんですけど、リングとはまた違った怖さ。「狂おしいほどの愛」の怖さを見事に表現しています。

正直、こんなに怖いと思ってなかったです。

なんせ、出てくる女優がみんな綺麗な人だから怖い。

ちょっと崩れてたら笑えるのになぁ。
300(スリーハンドレッド)
20070612_309583.jpg
観ましたよ。

紀元前480年のスパルタ軍の話なのですが、凄い話だわさ。

テルモピュライの戦いってこんなに壮絶だったんですね。

スパルタ兵300人がペルシャ軍100万を相手にする話なんですが、とても面白かったです。

死体で作った壁とか首がポンポン跳ね飛ぶシーンはとても残酷ですが、逆にこの戦いの凄まじさ、スパルタ軍の気迫が感じられて、嫌な気分になる事は決してありませんでした。

産まれた時に奇形だったり病気持ちだったり未熟児だったりするとすぐ殺されるのがスパルタ。
スパルタに産まれた瞬間に戦士への道だけを目指さなければいけない。

「スパルタ」ってとても厳しいって意味で使ってましたが、映画を通して、現実(まあ映画ですが)を見ると、さらに語源の由来がハッキリしてきます。

スパルタ軍の気合い。異常なまでの愛国心。

アクション好きでエグいの平気な人、ぜひ観てください。
僕は最期泣きました。
大日本人
見ましたよ。第一回松本人志監督作品。

いやぁね。これギリギリだね色んな意味で(笑)

実は僕、凄い心配だったんですよ。
映画の世界って、賛否両論の世界じゃないですか。つまり、松本人志の笑いを否定したり批判したりする人がいるって事じゃないですか。
僕の中では松本は神な訳で、その松本が誰かに否定されるのが耐えられないんですよ…。

なので心配だったんです。楽しみだけど複雑でした。

しかしね!映画見たら逆に安心しましたよ!!
やりたい事やってくれたんで、僕としては物凄く楽しめました。

でも、松本ファンじゃない人にはあまりオススメしないです。
きっと付いていけないんで(笑)

パンフレット買った映画なんて何年ぶりだろうか。
海猿Limit of Love
今更見ました。
いやーあんなに泣くとは思わなかったよ。

危機的状況からの脱出って何でこんなに感動出来るんだろうなぁ(ToT)
せんざき、あんたちょっとカッコよすぎるよ。


センザキ!上がってこい!